【法人税の達人】決算書の作成手順(1)

2022年03月31日

■達人シリーズよくあるお問い合わせ

Q.今まで[決算書]を郵送していましたが電子申告で送信したいので、決算書を簡単に作成する方法はありますか?

A.決算書の作成には以下の5パターンの方法があります。

1.連動コンポーネントによるデータ取込

2.XMLデータによる連動(中間ファイル(XML形式)のデータ取込)

3.Excel・CSVデータ(達人独自形式)のインポート

4.手入力

5.国税庁が提供しているCSV形式の標準フォーム ※電子申告の達人にて電子申告データに結合

今回は、1.連動コンポーネントによるデータ取込をご説明します。

■連動コンポーネントによるデータ取込

※今回は弥生会計からのインポート方法について説明します。

《動画マニュアル》 連動コンポーネントによるデータ取込

以下の手順で登録します。
1. [法人税の達人]を起動して顧問先データを開き、業務メニュー[データのインポート]をクリックします。

2. [弥生会計(Ver.××.×.×以降)からのインポート]をクリックし(①)、[確定]をクリックします(②)。


3. [法人税の達人(平成21年度以降)from弥生会計(Ver.××.×.×以降)]画面が表示されます。[次へ]をクリックします。

※[弥生会計(Ver.××.×.×以降)]からのインポート]が表示されない場合は達人Cube>アップデート>データ連動からインストールを行います。

《動画マニュアル》 連動コンポーネントインストール方法(法人税の達人from弥生会計)


4. [データ種別の選択]で[このコンピュータ、またはサーバー上にある事業所データから転送する]を選択し(①)、[次へ]をクリックします(②)。

5. [データの選択]画面で対象のデータを選択し(①)、[次へ]をクリックします(②)。

6. [処理年度の選択]画面で処理年度を選択し(①)、[次へ]をクリックします(②)。

7. [決算種類の選択]画面で対象期間を選択し(①)、[次へ]をクリックします(②)。

8. [転送データの作成]画面で[作成開始]をクリックし、[完了]をクリックします。

9.インポート対象の帳票名にチェックが入っていることを確認後(①)、該当する「業種」を「▼プルダウン」で選択し(②)、「実行」をクリックします(③)。

10. [OK]をクリックします。

■決算書の科目設定方法

1.「決算書の作成」を選択します。

2.「決算書の設定」画面が表示されましたら、設定内容を確認し(①)、「確定」をクリックします(②)。

3.科目の追加・変更・削除・金額入力手順は以下のPDFファイルP8~P11をご確認ください。
取り込み後の取込設定はP15をご確認ください。インポートされた科目の設定先(法人税の達人で使⽤する科目)を変更することができます。

※申告書・決算書の入力が完了しましたら、電子申告の達人に取り込みを行ってください。

■参考(関連FAQ):【法人税の達人】決算書の作成手順(2)

■参考(関連FAQ):【法人税の達人】決算書の作成手順(3)

■参考(関連FAQ):【法人税の達人】決算書の作成手順(4)

■参考(関連FAQ):【法人税の達人】決算書の作成手順(5)

======================================================================================
達人シリーズ特約店 株式会社オリコンタービレなら
「NTTデータ達人ヘルプデスク」に加え「オリコンタービレカスタマーセンター」がご利用いただけます。
(弊社でのご契約税目のみ)お問い合わせの際にお客様情報(ユーザIDもしくは登録電話番号)を確認させていただきます。
=======================================================================================

Pocket
LINEで送る


ご相談お問合せはこちら

各種お問合せはこちらから

TOP