【法人税の達人】「適用額明細書」で[措置法取込]を行うと別表十六関連の[適用額]が表示されないのはなぜですか?

2019年08月13日

■達人シリーズよくあるお問い合わせ
Q.「事業年度分の適用額明細書」で[措置法取込]を行うと、別表十六関連の租税特別措置法の[適用額]が表示されないのはなぜですか?

 

A.租税特別措置法の条項については、条、項、号とありますが、別表十六では条、項までしか記載がなくシステム側で条文などの判定が難しいため、表示されません。
[適用額]が表示されない場合、使用するプログラムにより、以下のとおり対応してください。

■「法人税の達人(平成31年度版)」以降の場合:
「別表十六(一)」及び「別表十六(二)」に該当する資産のみ、以下の設定を行うことで適用額を表示できます。それ以外の資産は表示されませんので、「事業年度分の適用額明細書」の[適用額]の金額欄をクリックし、[F4/入力切替]ボタンをクリックして手入力してください。
① 「別表十六(一)」又は「別表十六(二)」において、該当する資産の[1][種類]~[6][耐用年数]をダブルクリックします。
② [資産区分]画面が表示されます。
③ [適用額明細書連動設定]-[特別償却限度額]-[条項]の[参照]ボタンをクリックします。

④ [租税特別措置法一覧]画面が表示されるので、[租税特別措置法の条項]で該当する条項をクリックして選択し、[確定]ボタンをクリックします。
⑤ [資産区分]画面に戻るので、[適用額明細書連動設定]-[特別償却限度額]の[条項]及び[番号]を確認し、[確定]ボタンをクリックします。

※「別表十六(一)」及び「別表十六(二)」以外の資産は、「事業年度分の適用額明細書」の[適用額]に表示されません。選択した[租税特別措置法の条項]に該当する資産に「別表十六(一)」及び「別表十六(二)」以外のものが含まれる場合、[F4/入力切替]ボタンをクリックして金額を調整してください。

■「法人税の達人(平成30年度版)」以前の場合:
「事業年度分の適用額明細書」の[適用額]の入力欄に、直接金額を手入力してください。
「別表十六(一)」及び「別表十六(二)」についても、[適用額]は表示できません。

 

法人税の達人詳細ページを見る

各種お問い合わせはコチラ
お電話でのお問い合わせ
関東営業所:03-5759-6730 関西営業所:06-6261-3166 九州営業所:092-413-3630

LINEで送る
Pocket


ピックアップ

フロンティア21

会計事務所M&A


検索
新着記事
カテゴリー
メルマガ登録

メールアドレスをご登録いただくだけでお得なキャンペーン情報やセミナー情報をお送りいたします。

ご相談お問合せはこちら

各種お問合せはこちらから

TOP