万一の災害に備えたIT環境作りが重要です

2018年09月18日

台風・豪雨・落雷・地震などの自然災害や火災などにより、事務所業務に支障をきたさないためにも、万一の災害に備えたIT環境作りが重要です

■IT環境の災害対策が重要です
災害等で事務所内のサーバが物理的に破損した場合、サーバーの調達・再設定など復旧まで時間がかかります。
メーカの保守サービスに加入していても自然災害は保守対象外のケースが多く、費用負担が発生することが予想されます。
バックアップ機器も破損した場合にはデータの復旧もできなくなってしまいます。

■災害対策の観点からもクラウド化は有効です
一般的にクラウドサービスは、耐震・免震構造の堅牢なデータセンターで稼働しており、非常電源設備や空調なども完備されています。
入退出管理も徹底されており、セキュリティー面からも事務所内での運用に比べ格段に優れています。
もちろんハードウェアメンテナンスも不要なのでサーバ管理者も不要となります。

■FRONTIER21なら簡単に安全にデータのクラウド化ができます
FRONTIER21を利用すれば、事務所内のデータ、お客様のデータを簡単に安全にクラウド化することができます。
万一事務所が災害などで被害を受けた場合にも、すぐに業務を再開できます。通勤できない場合にもご自宅や外出先からアクセスすることも可能です。

FRONTIER21は初期費用無料でユーザーID数も無制限、すぐに利用開始いただけます。今なら初年度月額利用料30%OFFでご利用いただけます。

FRONTIER21詳細ページはこちら
お問い合わせはこちら

LINEで送る
Pocket


ピックアップ

フロンティア21

会計事務所M&A


検索
新着記事
カテゴリー
メルマガ登録

メールアドレスをご登録いただくだけでお得なキャンペーン情報やセミナー情報をお送りいたします。

ご相談お問合せはこちら

各種お問合せはこちらから

TOP