【電子申告の達人】地方税 (eLTAX) で見込納付を行う場合の納付情報作成手順

2024年05月08日

■達人シリーズよくあるお問い合わせ

Q.地方税(エルタックス)で、ダイレクト納付やインターネットバンキングを利用して「見込納付」を行いたい。電子申告の達人で[共通納税]から納付情報を作成する手順を教えてください。

 
※今回は「法人税の達人で作成した見込納付データを利用して」納付情報を作成する手順について説明いたします。
 

✅関連FAQ:申告済データを利用して納付情報を作成する場合はこちら
 

納付情報作成

 

1.[6.共通納税]を選択し(①)、[納付情報作成]をクリックします。[みなし・見込納付、更正・決定](②)をクリックします。
 

 
2.[納付対象者]を選択します。※税理士が代理送信している場合は、[関与先納税者の納付情報発行依頼を作成する]のチェックを入れ、[代理人利用者ID]を選択します。[納税に関する代理行為の承認手続きを自動で行う]にもチェックが入ります。


 
3.[利用者一覧]から利用者名を選択し、[確定]をクリックします。


 
4.「納付情報作成方法選択」画面が表示されましたら、「達人シリーズから連携する(みなし・見込納付)」を選択し(①)、「税目」「手続き名」を選択します。見込納付データの場合、手続き名は「確定申告」(該当号事業がある場合はそれぞれ該当するもの)を選択します(②)。「OK」をクリックします(③)。


 

5.「データ連携」画面が表示されますので、プログラムを選択し(①)、法人コードの「参照」をクリックします(②)。


 

6.データを選択します(①)。※見込納付の場合、選択できるデータは、「申告・試算区分:見込納付」のデータです。「確定」をクリックします(②)。


 

7.データが選択されたことを確認し(①)、「確定」をクリックします(②)。


 

8.「提出先(区・事業所等)の確認」画面が表示されますので、「確定」をクリックします。

 

9.「OK」をクリックすると、納付情報が作成されます。

 

納付情報発行依頼

 
1.データにチェックを入れ(①)、[納付情報発行依頼]をクリックします(②)。
 

 
2.[はい]をクリックします。


 

納付情報最新化

 
1.[納付情報最新化]をクリックします。
 

 
2.利用者のチェックボックスにチェックを入れ(①)、[確定]をクリックします(②)。※税理士が代理送信をしている場合は利用者種別を[税理士]に変更後、税理士名にチェックを入れます。「OK」をクリックします(③)。


 

4.[納付状況:納付可]になったことを確認します。
 

納付

 
1.[納付]ボタンをクリックし、納付方法を選択し手続きに進んでください。
 

 



ご相談お問合せはこちら

各種お問合せはこちらから

フロンティア21
オリコンタービレ通販サイト
会計事務所 M&Aサービス
リモートビューワー