【電子申告の達人】予定納税額の減額申請書が取り込みできない場合の対処方法

2022年06月24日

■達人シリーズよくあるお問い合わせ
Q.電子申告の達人で[令和04年分の所得税及び復興特別所得税の予定納税額の7月(11月)減額申請書]のデータを取り込もうとすると、「以下の事業者はエラーにより取り込みに失敗しました。修正し再度取り込みを行ってください。」「エラー詳細:手続に該当する帳票データが1件も存在していません。」と表示され、取り込みできません。対処方法を教えてください。







オリちゃん
オリちゃん
A.申請・届出書の達人で作成した申請・届出書が、電子申告の達人で選択した手続き名と合致していない場合に表示されるメッセージです。申請・届出書の達人で作成している帳票を確認し、再度データを取り込みます。下記をご確認ください。


1.最新バージョンの「申請・届出書の達人(令和元年度以降用)」で作成しているかどうかをご確認ください。
「申請・届出書の達人(令和元年度以降用)」のメニューバー[ヘルプ]-[更新の有無をチェック]で「申請・届出書の達人(令和元年度以降用)」が最新バージョンであることを確認します。最新ではない場合は下記手順でアップデートを行います(①~④)。





※最新の場合は「最新のプログラムがインストールされています。」と表示されます。



2.最新のバージョンでしたら、所得税及び復興特別所得税の予定納税額の7月(11月)減額申請書(令和04年分以降用)が表示されます。※電子申告の達人に取り込むには、[令和04年分以降用]の帳票で作成が必要です。



3.所得税及び復興特別所得税の予定納税額の7月(11月)減額申請書(令和03年分以降用)でデータを作成している場合は、[令和04年分以降用]の帳票を開き、下記手順で[データ取込]を行ってください(①~④)。 



4.再度、電子申告の達人へ取り込みを行い、正常に取り込めることをご確認ください。




Pocket
LINEで送る


ご相談お問合せはこちら

各種お問合せはこちらから