達人シリーズをクラウド化

2020年12月09日

達人cubeクラウドAP仮想化サーバーで「達人シリーズ」を「まるごとクラウド化」

“達人cubeクラウドAP仮想化サーバーとは?”
NTTデータのデータセンターで運用される仮想サーバーにインストールされた「達人シリーズ」を、インターネットを介して事務所内のクライアント端末で利用できるサービスです。「達人シリーズ」のアップデートや端末の入れ替えにかかる手間を大幅に軽減するだけでなく、業務データをセキュアに保全できます。
達人クラウドサービス紹介動画こちら
※前半はクラウドデスクトップ 後半がクラウドAP仮想化サーバーの紹介です


達人cubeクラウドAP仮想化サーバー価格表
※別途達人シリーズの契約が必要です。

達人cubeクラウドAP仮想化サーバーの特長

《特長1》達人シリーズ」をクラウド上に集約
各端末に「達人シリーズ」をインストールする必要はありません。
クラウド上のサーバーにインストールされた「達人シリーズ」をアップデートするだけで、常に最新のプログラムを利用することが可能です。

《特長2》業務データをセキュアに保全
運用実績が豊富なNTTデータのデータセンター(国内)で運営されるため、堅牢なセキュリティーを確保できます。
また、ご利用の端末にデータが保存されないため、端末故障時には端末を交換することですぐに復元が可能です。
万が一、端末が盗まれたり紛失した際の情報漏えいリスクを軽減できます。

《特長3》会計事務所業務向けに最適化
国税・地方税の電子申告における電子署名に必要なICカードリーダライターを利用できます。
また、複合機・プリンタとの連携が可能です。

達人以外のデータはFRONTIER21でクラウド化

Excel(エクセル)・Word(ワード)・PDF・会計データなどのクラウド化にはFRONTIER21が最適
お客様とのデータ共有はもちろん、社内利用・外出先・在宅勤務・記帳代行のデータ収集まで幅広くご利用いただけます。

■お問い合わせフォーム
https://www.occ21.co.jp/contact/

LINEで送る
Pocket


ご相談お問合せはこちら

各種お問合せはこちらから

TOP