【消費税の達人】中間申告が年3回ある場合、どのように作成しますか?

2018年03月30日

■達人シリーズよくあるお問い合わせ
Q.すでに前期の確定申告データがあります。
当期において中間申告が複数回ある場合、当期の中間申告データをどのように作成すればよいですか?

 

A.以下の手順で作成します。

(例)中間申告が年3回ある場合
課税期間:平成29年4月1日~平成30年3月31日

翌期繰越(1回目の中間申告データの作成):
① 「消費税の達人」を起動します。
② メニューバー[ファイル]-[翌期繰越]をクリックします。
③ [翌期繰越について]画面が表示されたら[閉じる]ボタンをクリックします。
④ [翌期繰越元の選択]画面が表示されます。
⑤ 該当する確定申告データをクリックして選択し、[選択]ボタンをクリックします。
⑥ [翌期繰越先の確認]画面が表示されます。
⑦ [申告区分]を[中間]に設定します。
⑧ [中間申告の対象期間]を以下のように設定します。
・ [年3回]
・[平成29年4月1日~平成29年6月30日]

⑨ [確定]ボタンをクリックします。

2回目、3回目の中間申告データと、確定申告データの作成は「前申告区分データの複写」で行います。

【参照】『消費税の達人 運用ガイド』-「データの繰り越し」-「申告区分を変更する」

 

消費税の達人詳細ページを見る

各種お問い合わせはコチラ
お電話でのお問い合わせ
関東営業所:03-5759-6730 関西営業所:06-6261-3166 九州営業所:092-413-3630

LINEで送る
Pocket


検索
新着記事
カテゴリー
メルマガ登録

メールアドレスをご登録いただくだけでお得なキャンペーン情報やセミナー情報をお送りいたします。

ご相談お問合せはこちら

各種お問合せはこちらから

TOP