【電子申告の達人】新たに取得した利用者識別番号:代理送信のエラーについて

2018年03月14日

■達人シリーズよくあるお問い合わせ
Q.新たに取得した利用者識別番号で代理送信し、メール詳細を確認したところ、以下の2つのエラー情報が記載されています。「HUBH012E:送信される方の利用者識別番号が申告等データ内の利用者識別番号と一致しません。」「HUBH138E:納税者の方(本人)の電子証明書が未登録であるため、電子証明書を登録の上、再度送信してください。」
 

A.該当のエラー情報は、税務代理権限が付与されていない利用者識別番号で代理送信した場合に記載されるエラー情報です。

税理士又は税理士法人などが開始届出書をe-Taxホームページ又は対応ソフトウェアからオンラインで提出した場合、取得した利用者識別番号に税務代理権限が付与されてからでなければ代理送信できません。
メッセージボックスに「税務代理利用可能の通知」が格納されてから代理送信してください。

詳しくは以下のe-Taxホームページをご確認ください。

【参照】 e-Taxホームページ「事前準備の流れ」-「4 利用者識別番号等の取得」

 
電子申告の達人詳細ページを見る

各種お問い合わせはコチラ
お電話でのお問い合わせ
関東営業所:03-5759-6730 関西営業所:06-6261-3166 九州営業所:092-413-3630

LINEで送る
Pocket


検索
新着記事
カテゴリー
メルマガ登録

メールアドレスをご登録いただくだけでお得なキャンペーン情報やセミナー情報をお送りいたします。

ご相談お問合せはこちら

各種お問合せはこちらから

TOP